熊本電鉄が駅ナンバリングを導入、菊池線の駅改称も実施 10月1日から

東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。
東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。全 1 枚写真をすべて見る

熊本県の熊本電気鉄道(熊本電鉄)は8月15日、駅ナンバリングを導入すると発表した。合わせて菊池線の再春荘前駅(熊本県合志市)を改称する。実施はともに10月1日。

駅ナンバリングは「KD」を頭文字に、上熊本~坪井川公園間の各駅に01~05を、藤崎宮前~北熊本間の各駅に06~08を、亀井~御代志(みよし)間の各駅に10~19をそれぞれ付番する。

また再春荘前駅の改称は、付近にある熊本再春荘病院が『熊本再春医療センター』に改称されることに伴なうもので、「再春医療センター前」に変更される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV