プジョー308/308 SW に特別仕様車「テックパックエディション」 運転支援機能や専用シート装備

プジョー308 テックパックエディション
プジョー308 テックパックエディション全 6 枚写真をすべて見る

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー『308』および『308 SW』に特別仕様車「テックパックエディション」を設定し、8月20日より発売した。

308テックパックエディションは、「308アリュール」をベースに、アクティブブラインドスポットモニターやパークアシストといった運転支援機能を装備。さらに専用ハーフアルカンターラシート(ブルーアクセント)やインテリア各部のブルー&オレンジステッチ、アルミペダルなどによるドレスアップを加えることで、実用性とスタイリングをグレードアップさせた。

充実した装備でありながら価格は、ベースモデルから10万円アップにとどめ、308は293万9000円、308 BlueHDiが314万9000円、308 SWが318万7000円、308 SW BlueHDiが339万7000円とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー 308/308SW
  • プジョー 308 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • プジョー5008
  • プジョー 308 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV