ルノー トゥインゴ 改良新型発売、フロントマスク刷新やインフォテイメント強化 価格195万円

ルノー トゥインゴ
ルノー トゥインゴ全 27 枚写真をすべて見る

ルノー・ジャポンは、RR(リアエンジン・リアドライブ)方式採用のコンパクトハッチバック『トゥインゴ』の改良新型モデルを8月22日より発売した。

改良新型トゥインゴは、フロントマスクを刷新。ルノーブランドを象徴するCシェイプのLEDランプとウィンカー、新デザインのフロントバンパーにより、洗練された印象のデザインとなった。またフロントバンパーにスリットを設け、空気抵抗の低減も図っている。

リアデザインも、CシェイプのLEDランプ、新デザインバンパーの採用により洗練された印象に。左リアフェンダーには、新たに吸気用のエアインテークを設置。これらの変更により、全長3645mm×全幅1650mm×全高1545mmと、全長はおよそ25mm長くなり、全高は10mm低められている。

エクステリアデザインの変更に合わせて、サイドストライプはポップなドット柄としたほか、15インチアロイホイールも新デザインに変更。ボディカラーは新色ジョンマンゴーをはじめ、ブルードラジェ、ヴェールピスタッシュ、ブランクリスタル、ルージュフラムMの5色を設定した。

室内はブラン(白)のインテリア、ライトグレーのシートカラーで統一し、ダッシュボードにはイージーリンク機能を備える7インチタッチスクリーンを装備。イージーリンクはApple CarPlayとAndroid Autoに対応し、7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできるほか、SiriやGoogleアシスタントを利用して音声で操作することもできる。

安全面では、車線逸脱警報(LDW)とタイヤ空気圧警報を新たに装備する。LDWはフロントカメラで車両前方の白線を検知し、車線をはみ出しそうになった際にアラームで警告。タイヤ空気圧警報は、走行中にタイヤの空気圧低下を感知するとメーターパネルの表示灯が点灯してドライバーに異常を知らせる。

価格は195万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/22/325647.html/article/2019/08/22/325646.html/article/2019/08/22/325648.html