VW、電動化攻勢に準備…充電ステーション4000拠点をドイツに設置へ

フォルクスワーゲンがドイツに設置した充電ステーション
フォルクスワーゲンがドイツに設置した充電ステーション全 2 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は8月22日、2025年までに電動車向けの充電ステーションを4000拠点、ドイツに設置すると発表した。

今回の発表は、フォルクスワーゲングループの電動化戦略加速の一環だ。フォルクスワーゲンが電動化攻勢の中心に据えるのが、「ID.」ファミリー。最初の市販モデルとして、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトEVの『ID.3』を2020年に発売する予定。これに続いて、SUVセグメントには『ID. CROZZ』を投入する計画で、さらにMPVの『ID. BUZZ』などを順次、市場に導入していく。

フォルクスワーゲングループが合弁事業として参画している超急速充電ネットワークが、「イオニティ」(IONITY)だ。BMWグループ、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターが共同で設立し、電動パワートレイン搭載車向けの超急速充電ネットワークを整備している。

イオニティは、電動パワートレイン車の長距離走行を可能にするために、多数の充電ステーションの迅速な構築を目標としている。これは、電動車の普及に向けた重要なステップになる。イオニティのハイパワー充電ポイント、「HPC」では、出力350kWで急速充電が行える。

フォルクスワーゲングループは欧州での充電インフラの整備に、総額2億5000万ユーロ(約295億円)を投資する計画だ。これにより、電動化攻勢に備えていく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • VWグループのポルシェがスマホで車両のラベルをスキャンして生産性を向上
  • フォルクスワーゲン・ティグアン 改良新型のPHV「eハイブリッド」
  • VW シャラン ハイライン
  • フォルクスワーゲン・ティグアンR
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ