その名は「setowa」…JR西日本が瀬戸内エリアでMaaSの実証実験 10月1日から

瀬戸内エリアMaaSの到着エリアに入る山陽本線尾道駅。
瀬戸内エリアMaaSの到着エリアに入る山陽本線尾道駅。全 4 枚写真をすべて見る

JR西日本は8月26日、「瀬戸内エリア」と呼ばれる広島県東部(一部愛媛県)で10月1日から実施する観光型Mobility as a Service(MaaS)の実証実験の詳細を明らかにした。

到着エリアまでの鉄道や、到着エリア内のバス、タクシーといったいわゆる「2次交通」をシームレスに利用し、スマートフォンなどで検索や予約、決済することができる観光型のMaaSは、4月1日から3か月間、JR東日本が主体となって伊豆地域で初めて実証実験が行なわれたが、JR西日本でも「せとうち広島デスティネーションキャンペーン プレキャンペーン」に合わせて2020年3月31日まで実証実験を行なうことになった。

サービス名は「setowa」で、到着エリアは瀬戸内エリアと呼ばれる呉市(大崎下島)、竹原市、三原市、尾道市、福山市、大崎上島町と愛媛県今治市(大三島)。

鉄道と、到着エリア内の船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングといった2次交通は、9月17日から提供される予定の専用アプリケーション「setowa」によるオンライン決済・予約が可能で、到着エリア内の指定された鉄道、バス、船舶、ロープウェイが2日間乗り降り自由で、エリア内の観光施設入館がセットになった「setowaデジタルフリーパス」(大人3000円・子供1500円)を利用できる。

ただし、到着エリアまでの列車予約は、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」を利用できるJR西日本、JR東海、JR四国、JR九州エリアの各駅からとなる。

地域と連携し整備を行なった観光コンテンツやクルーズ船、観光タクシーなどをアプリ上で予約・決済できる「デジタルチケット」も提供され、対象の施設や店舗での割引特典も用意されるという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。

ピックアップ

Response.TV