南海の車両に重大インシデント…関空特急『ラピート』の台車枠に亀裂 8月24日

南海の関空アクセス特急『ラピート』。運行中に異音が認め、車庫で台車亀裂が発見された。
南海の関空アクセス特急『ラピート』。運行中に異音が認め、車庫で台車亀裂が発見された。全 1 枚写真をすべて見る

国土交通省運輸安全委員会は8月26日、南海電気鉄道(南海)の住ノ江検車区(大阪市住之江区)で発見された車両障害を重大インシデントに認定したことを明らかにした。

当該の車両は難波~関西空港間で運行されている50000系電車で、運輸安全委員会の発表によると、8月24日、車掌が連結部のわたり板部分から金属が擦れる音を確認。報告を受けた住ノ江検車区の検修担当者が連結部の点検を行なったところ、異常を確認できなかったため、全般にわたり点検したところ、バネを介した車体下にある「台車枠」と呼ばれるパーツで、主電動機(モーター)を支持する受座部分におよそ14cmの亀裂を発見したという。

50000系は関西国際空港(大阪府田尻町・泉佐野市・泉南市)が開業した1994年9月から関空アクセス特急『ラピート』として運行を開始した6両編成の特急型電車で、2015年から2018年にかけてはリニューアル工事が施工されていた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。
  • 東京・池袋駅(7月21日)
  • 上下各1本が減便される長崎本線の特急「かもめ」。
  • 七尾線へ投入される521系。輪島の漆塗りをイメージした茜色のラインカラーが入る。
  • 10月2日限りで消えるしなの鉄道115系S11編成のコカ・コーラ色。N12編成だったJR東日本時代の1987年にもコカ・コーラ色となっていた。
  • 終電繰上げ後の大阪駅は、0時15分発の大阪環状線京橋行きが最終列車に。現行より18分繰り上がる。
  • 8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。

ピックアップ