フィアット 500、創業120周年の限定モデル発売へ

フィアット 500 スーパーポップ チェントヴェンティ
フィアット 500 スーパーポップ チェントヴェンティ全 6 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、フィアット『500』に、ブランド120周年を祝う限定車「500 スーパーポップ チェントヴェンティ」を設定し、9月7日より240台限定で発売する。

歴代500は、イタリアのモータリゼーション拡大に寄与するとともに、世界各国で親しまれ、ブランドの発展に大きく貢献した。今回の限定車は、そうしたブランドのヘリテージにオマージュを捧げるモデルだ。車名の「Centoventi(チェントヴェンティ)」は、イタリア語で“120"を指し、ブランドの120周年を祝福するモデルであることを示している。

限定車のベースは、アイドリングストップ付の1.2リットル直列4気筒エンジンを搭載する「1.2ポップ」。フロントフェンダーとリアゲートはブランドカラーであるボルドーを基調とし、「120 Centoventi」の文字とともに、1899年発売されたフィアット初のモデル「FIAT 3 1/2 HP」を描いた専用ステッカーがあしらわれる。

ボディカラーは、ボサノバホワイト(120台)、パソドブレレッド(60台)、ミントグリーン(60台)の3色を設定。価格は184万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フィアット 500Xインディゴ
  • フィアット 500 新型
  • フィアット 500Xインディゴ
  • フィアット500 ev
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV