ホンダ、原二スクーター『リード125』のカラーバリエーション変更へ

ホンダ リード125(パールダークアッシュブルー<ツートーン>)
ホンダ リード125(パールダークアッシュブルー<ツートーン>)全 8 枚写真をすべて見る

ホンダは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインの原付二種スクーター『リード125』のカラーバリエーションを変更し、10月1日に発売する。

リード125は、スタイリッシュで高級感のある外観に、環境性能に優れたグローバルエンジン「eSP」を搭載。シート下に大容量ラゲッジスペースを確保するとともに、LEDヘッドライトやアクセサリーソケットを装備するなど、使い勝手に優れた原付二種スクーターとして、幅広い層に支持されている。

今回、ツートーンカラーモデルには上質で深みのある色合いの「パールダークアッシュブルー」と、落ち着いた印象の「ポセイドンブラックメタリック」を新たに設定。単色モデルには、鮮やかで上品な「キャンディラスターレッド」を新設定。継続色をあわせた全6色の豊富なカラーバリエーションとしている。

このほか、フロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドからブラックに変更することで、引き締まった足回りを演出している。

価格は単色が31万5700円、ツートーンが31万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/08/30/325934.html/article/2019/08/30/325933.html/article/2019/08/30/325935.html