マニアックな2灯仕様の ティアナ 捜査車両など、1/43スケールで発売

左から、日産 ティアナ XE(L33)2016 警察本部刑事部機動捜査隊車両(2灯仕様 銀)、日産 ティアナ(L33)2018 埼玉県警察地域部自動車警ら隊車両(109)
左から、日産 ティアナ XE(L33)2016 警察本部刑事部機動捜査隊車両(2灯仕様 銀)、日産 ティアナ(L33)2018 埼玉県警察地域部自動車警ら隊車両(109)全 9 枚写真をすべて見る

ヒコセブンは、オリジナルブランド「RAI'S」の新製品として、ダイキャスト製1/43スケール「日産 ティアナ(L33)2018 埼玉県警察地域部自動車警ら隊車両(109)」と「日産 ティアナ XE(L33)2016 警察本部刑事部機動捜査隊車両(2灯仕様 銀)」を発表。9月5日より予約受付を開始した。

同社が展開するRAI'Sは、警察車両をメインとするシリーズで、実車に存在しない車両はモデル化しない完全限定生産モデルブランドだ。

日産 ティアナ 2018 埼玉県警察地域部自動車警ら隊車両は、パトライトを上げ下げするできる昇降機を搭載。日産のパトカーで昇降機がついた車両は1990年代に配備されていたクルー以来となる。

日産 ティアナ XE 2016 警察本部刑事部機動捜査隊車両は、ルーフに赤灯を2個載せた仕様。市販車と同じ外観の捜査車両でも“パトカー”らしくなっている。

価格(税別)はともに6300円。発売は2019年10月から11月を予定。限定数は警ら隊車両が800台、捜査隊車両が700台。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/06/326206.html/article/2019/09/06/326205.html/article/2019/09/06/326207.html