房総の鉄道、ほとんどが再開の目途立たず…総武本線東千葉駅では屋根が倒壊 台風15号

総武本線東千葉駅(2016年11月)。今回の台風15号の影響で屋根が倒壊した。
総武本線東千葉駅(2016年11月)。今回の台風15号の影響で屋根が倒壊した。全 5 枚写真をすべて見る

9月8日深夜から9日未明にかけて首都圏を襲った台風15号に伴ない、JR東日本エリアで運行再開の目途が立たない路線が相次いでいる。

JR東日本では9月8日の段階で、朝8時までの運行を見合わせると発表していたが、山手線品川~大崎間では倒木が発生するなど、想定外の被害が再開の遅れに輪をかけていた。

都心の主要路線では午前中から午後の早い段階にかけて順次再開しているが、千葉市中央区で最大瞬間風速57.5mを記録し、倒壊したゴルフ練習場の支柱が住宅を直撃する事故が発生している千葉県内では、14時35分時点で次の区間で再開の目途が立っていない。

・総武本線 佐倉~銚子
・内房線 姉ヶ崎~安房鴨川
・鹿島線(香取~鹿島サッカースタジアム)全線
・久留里線(木更津~上総亀山)全線
・外房線(蘇我~勝浦~安房鴨川)全線
・東金線(大網~成東)全線
・成田線(我孫子~成田~松岸・成田空港)全線

JR線以外の千葉県内の鉄道では、新京成電鉄(新津田沼~京成津田沼)、小湊鐵道(五井~上総中野)、いすみ鉄道(大原~上総中野)、銚子電気鉄道(銚子~外川)が運行を見合わせている。また、京成電鉄(京成)は、14時時点で京成上野~京成津田沼間、押上~京成高砂間、京成高砂~京成金町間、京成津田沼~千葉中央~ちはら台間以外で再開の目途が立っていない。

千葉県以外では横須賀線逗子~久里浜間、京浜急行電鉄(京急)泉岳寺~品川間で再開の目途が立っていない。

また、16時以降に再開する区間としては、根岸線磯子~大船間、伊東線(熱海~伊東)全線、中央・総武緩行線幕張~千葉間、総武快速線津田沼~千葉間、内房線蘇我~姉ヶ崎間、総武本線千葉~佐倉間、上野東京ライン全線、湘南新宿ライン全線が挙げられている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。

ピックアップ