千葉県内の停電で房総地区の鉄道に影響…9月10日も大半が再開できない模様

停電のため新鉾田~鹿島神宮間(鹿島サッカースタジアム~鹿島神宮間はJR東日本鹿島線)で再開の目途が立っていない鹿島臨海鉄道。同鉄道は非電化私鉄だが、停電すると踏切などの線路設備が使用できなるための措置。写真は同社の8000形気動車。
停電のため新鉾田~鹿島神宮間(鹿島サッカースタジアム~鹿島神宮間はJR東日本鹿島線)で再開の目途が立っていない鹿島臨海鉄道。同鉄道は非電化私鉄だが、停電すると踏切などの線路設備が使用できなるための措置。写真は同社の8000形気動車。全 1 枚写真をすべて見る

9月8日深夜から9月9日にかけて関東地方や東北地方を襲った台風15号の影響で、9月10日も千葉県内の房総地区を中心に鉄道の運行見合せが続いている。

房総地区では、倒木や駅の損傷、千葉県内の木更津市、君津市、袖ケ浦市、富津市を中心に続いている停電により、次の線区が運行見合せとなっている。

・総武本線佐倉~銚子
・外房線上総一ノ宮~安房鴨川間
・内房線姉ヶ崎~安房鴨川間
・成田線成田~松岸間
・東金線(大網~成東)全線
・鹿島線(香取~鹿島サッカースタジアム)全線
・久留里線(木更津~上総亀山)全線
・小湊鐵道(五井~上総中野)全線
・いすみ鉄道(大原~上総中野)全線

房総地区以外では、JR東日本横須賀線が横須賀~衣笠間冠水のため横須賀~久里浜間で、伊豆急行が稲梓~蓮台寺間の倒木や架線切断のため河津~伊豆急下田間で、茨城県の鹿島臨海鉄道が停電のため新鉾田~鹿島神宮間でそれぞれ運行を見合わせている。

このうちJR東日本が発表した13時6分時点の情報よると、横須賀線逗子~久里浜間の運行を15時頃まで見合わせる予定としているが、それ以外の線区については再開の目途が立っていない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。
  • グランスタ東京「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」(洋食レストラン)
  • 秩父鉄道の電気機関車と石灰石輸送用貨車。
  • 大村線を行く国鉄色のキハ66・67。今回は、水色をベースに側扉が赤く塗られた、いわゆる「シーサイドライナー」色車が一部引退する。
  • 通常は熊本~人吉間で運行されている『かわせみ やませみ』。

ピックアップ