スズキ、市販モトクロッサー RM-Z450/250 のグラフィック変更へ

スズキ RM-Z450
スズキ RM-Z450全 4 枚写真をすべて見る

スズキは、市販モトクロッサー『RM-Z450』および『RM-Z250』をマイナーチェンジして、9月26日より発売する。

RM-Z450は、2005年にスズキ初の4ストローク市販モトクロッサーとして登場。その後、2008年にモトクロスマシンでは初のフューエルインジェクションシステムを搭載し、以降もマシン各部を見直し、2015年にはスズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)を装備。年毎にそのパフォーマンスレベルを高め熟成を重ね、2018年には外観を含め全面刷新をした。

RM-Z250は2019年2月、「The Winning Balance『走る、曲がる、止まる』の高次元でのバランス」を開発コンセプトにフルモデルチェンジ。ツインインジェクターの採用やエキゾーストシステムの改良、シリンダーヘッドの変更などにより出力の向上を図ったほか、フレームや足回りも強化し、戦闘力を高めた。

今回のマイナーチェンジは、両モデルともグラフィックおよびECM(エンジンコントロールモジュール)の変更のみ。主要諸元に変更はない。価格はRM-Z450が90万7200円、RM-Z250が76万1400円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • トライアンフモーターサイクルズがジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目 「No Time To Die」とEON Productionsとの新たなパートナーシップを締結
  • 全国からFTR1200オーナー達が集まった
  • BMWモトラッドの新型2気筒ボクサーエンジン
  • ホンダ アフリカツイン 新型(CRF1100L Africa Twin)
  • ハーレーダビッドソンとレザージャケット
  • カワサキ Z900(2020年モデル)
  • BATTLAXクラシックレーシングCR11

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/13/326486.html/article/2019/09/13/326485.html/article/2019/09/13/326487.html