阿佐海岸鉄道のDMV、全3両が出揃う…10月5日の完成イベントで公開

阿佐海岸鉄道DMV3両の車体デザイン。10月5日にはこれらが揃う姿が披露される。
阿佐海岸鉄道DMV3両の車体デザイン。10月5日にはこれらが揃う姿が披露される。全 1 枚写真をすべて見る

阿佐東線連絡協議会(徳島県次世代交通課)は10月5日、阿佐海岸鉄道阿佐東線(海部~甲浦)で2020年の営業運行開始を予定している、鉄道と道路の両方を走行できる「Dual Mode Vehicle」(DMV)の完成イベントを開催する。

このDMVは、青を基調としたDMV-1号「未来への波乗り」、緑を基調としたDMV-2号「すだちの風」、赤を基調としたDMV-3号「阿佐海岸維新」の3両で、営業運行開始後は、阿波海南駅(徳島県海南町)と甲浦(かんのうら)駅(高知県東陽町)の間は「列車モード」として鉄路を走行。道路上は「バスモード」として走行し観光地を巡るとしている。

3両のうちDMV-1号は3月に公開されていたが、今回は残るDMV-2号、DMV-3号も公開されることになり、3両が揃った姿を見ることができる。

3両のDMVは13時5分に阿波海南文化村(徳島県海陽町)に登場。13時35分から13時45分まで、鉄路と道路を切り換える「モードチェンジ」を実演する。

その後、14時に発車し、14時25分から14時30分にかけて海の駅東洋町(高知県東洋町)に到着。14時30分から14時45分までモードチェンジの実演を行ない、15時10分に引き上げる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。
  • 明治時代中期に設立された近江鉄道には歴史を感じさせる駅も多い。写真は2017年8月に再生された大正建築の日野駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 上総中野駅に並ぶ小湊鐵道(右)といすみ鉄道の気動車(左)。黄色い車両は、現在は運行されていないいすみ鉄道の「ムーミン列車」。2010年9月撮影。
  • 「先進的でスピード感ある車体形状とそれを際立たせるメタリック塗装」とした80000系『ひのとり』の外観。
  • 高輪ゲートウェイ駅を俯瞰した全景(11月時点)。アクセントとなる大屋根は折り紙をモチーフにした障子をイメージしたという。
  • 札樽トンネル部分の平面図(上)と縦断面図(下)。手稲トンネルを延伸する形で札幌の市街地区間を地下トンネルで抜けるが、手稲トンネルの出口に近い星置・富丘両工区では有害物質を含む残土の受入れ先が決まらず、着工に至っていないため、札幌市では鉄道・運輸機構が事前調査に入る同意を求める説明会が行なわれているが、大きな進展は見られない。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/09/19/326670.html/article/2019/09/19/326669.html/article/2019/09/19/326671.html