アルピーヌ、高性能モデル A110S を展示予定…東京モーターショー2019

アルピーヌ A110S
アルピーヌ A110S全 6 枚写真をすべて見る

アルピーヌ・ジャポンは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に、今年のルマン24時間レース会場で発表されたアルピーヌ『A110S』を参考出展する。

新型アルピーヌA110は、全長4178mm×全幅1798mm×全高1252mm、ホイールベース2419mmのコンパクトで俊敏なミッドシップスポーツカー。アルミ製のプラットフォームとアンダーボディを採用し、1110kgという軽さを実現している。1.8リットル直列4気筒ガソリンターボは、アルピーヌとルノースポールのエンジニアが、エアインテークやターボチャージャーなどをチューン。最大出力252ps、最大トルク320Nmで後輪を駆動する。

今回参考出展するアルピーヌ A110Sは、このアルピーヌ A110のパワーを高め、最大出力はプラス40psの292psを発生する。また、ハンドリング・レスポンスの正確さと、高速走行時の安定性の2点に考慮して足回りを専用チューニング。2020年前半を目途に日本市場導入が予定されている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルピーヌA110カラーエディション2020
  • アルピーヌ A110 リネージ GT アルジャン メルキュールM
  • アルピーヌ A110 カラーエディション
  • アルピーヌA110新型
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ