マツダ スクラムトラック、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキを採用

マツダ・スクラムトラック
マツダ・スクラムトラック全 1 枚写真をすべて見る

マツダは、軽トラック『スクラムトラック』を一部改良して、9月26日より販売を開始した。

今回の一部改良では、夜間歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を新たに採用。さらにデュアルカメラブレーキサポート装着車には、誤発進抑制機能(前進+後退時)、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、車線逸脱警報機能、オートライト機能、ハイビームアシスト機能、ダイナミックスタビリティコントロール(DSC)&トラクションコントロールシステム(TCS)機能を併せて採用し、安全性能を向上させた。

また、デュアルカメラブレーキサポート標準装着の「KX」3AT車およびメーカーオプション設定の「KCエアコン・パワステ」3AT車には、ヒルホールドコントロールを採用。坂道発進でブレーキペダルを緩めた際の車両後退を抑制する。

そのほか、「KX」のフォグランプベゼルをメッキに変更。全車ヒーターコントロールパネルをダイヤル式に変更した。

価格は86万0200円から129万3600円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ CX-30(SKYACTIV-D/L Package/ポリメタルグレーメタリック)
  • マツダ CX-8 25S Lパッケージ
  • 懐かしのスペシャルティカーたち
  • マツダ6 の2021年モデルのカーボンエディション(北米仕様)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ