ルネサスとストラドビジョン、 次世代ADAS向けスマートカメラ開発で協業

ルネサス&STRADVISION
ルネサス&STRADVISION全 1 枚写真をすべて見る

ルネサス エレクトロニクスと、車載用認識ソフトウェアの米ストラドビジョンは9月26日、次世代ADAS(先進運転支援システム)に向けた車載スマートカメラ用物体認識ソリューションを共同開発し、提供を開始すると発表した。

次世代ADASは市街地での危険回避に向けて、歩行者や自転車を検知するための高精度な物体認識が求められる。同時に、ADASの普及を加速させるためミドルからローエンドの量産車にも搭載できるよう、システムの低消費電力化も重要となる。

ストラドビジョンのディープラーニングによる物体認識ソフトウェアは、車や歩行者、車線などの認識性能の高さが特長。今回、この認識ソフトウェアを、量産車実績で定評のあるルネサスの車載用SoCのR-Carに最適化した。対応製品は「R-Car V3H」と「R-Car V3M」。ディープラーニング処理の専用エンジンCNN-IPを搭載し、ストラドビジョンの車載ディープラーニングネットワーク「SVネット」を高速に低消費電力で動作できる。

新ソリューションは、R-Car SoCはルネサスから、またソフトウェアと開発サポートはストラドビジョンから、2020年初頭より提供する計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV