【WRC】2020年の「Rally Japan」開催が決定…シリーズ最終戦、予定会期は11月19-22日

左からJAFモータースポーツ部長の村田浩一氏、FIAのジャン・トッド会長、招致準備委員会の坂井正治氏、WRCプロモーター代表のオリバー・シースラ氏。
左からJAFモータースポーツ部長の村田浩一氏、FIAのジャン・トッド会長、招致準備委員会の坂井正治氏、WRCプロモーター代表のオリバー・シースラ氏。全 5 枚写真をすべて見る

WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会(株式会社サンズ内)は27日、リリースを発行し、2020年のWRC日本ラウンド「Rally Japan」の開催が決定したと報告した。会期は11月19~22日の予定で、来季WRCの最終戦としての開催になる。

招致準備委は当初、2019年の日本戦復活初回開催を目指していたが、残念ながらそれは叶わず、以降は2020年の開催実現にシフトして活動を継続してきた。

そしてこのほど、FIAの最高議決機関であるワールドモータースポーツカウンシル(WMSC)において継続審議となっていたWRCの2020年シリーズ日程が電子投票によって無事に承認され、それに含まれる日本ラウンドの開催も決まったという(JAFからの初報による)。

2020年のWRCは今季と同じ全14戦だが、開催地の出入りがあり、日本戦が11月19~22日の予定で第14戦、つまり最終戦として入った。今回の開催地は愛知・岐阜。かつて北海道でWRCが開催されていた時代があり、10年ぶりの日本戦復活ということになる。

なお、2021年と2022年の一部ラウンド(21年8戦、22年7戦)についてもラインアップ(日程等未定)が発表されたといい、それによると21年、22年とも日本はカレンダーに入っている。これで当面、少なくとも復活初回から3年連続の開催が決まった格好である。

今後は10月24日に東京モーターショー2019の会場内で開催決定会見が開かれ、11月9~10日には予定通り、テストイベントの「Central Rally Aichi /Gifu 2019」が開催される運びとなる。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 優勝したD.ソルド(ヒュンダイ)。
  • トミ・マキネン
  • 優勝したトヨタの#33 エバンス(右。左はコ・ドライバーのS.マーティン)
  • WRCがエストニアで“シーズン再開”を迎えた。同国の英雄、#8 タナク(ヒュンダイ)が優勝を飾る。
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV