スズキはMotoGP参戦の GSX-RR を展示予定…東京モーターショー2019

スズキGSX-RR MotoGPリンス仕様
スズキGSX-RR MotoGPリンス仕様全 7 枚写真をすべて見る

スズキ(Suzuki)は東京モーターショー2019に、現在、FIMロードレース選手権(MotoGP)のMotoGPクラスに参戦中の「GSX-RR」を展示する。#42 アレックス・リンス選手仕様と、#36 ジョアン・ミル選手仕様の2台だ。

2019シーズンのスズキ(チームスズキエクスター)は第3戦アメリカズGPで、リンスのライディングで2年7か月ぶりに勝利、リンスは第12戦イギリスGPでも優勝し、ライダーズランキング4位につけている。

MotoGPマシンのパワーユニットは1000cc水冷4サイクル直列4気筒DOHC4バルブ、最高出力は176kW(240ps)以上で、車両重量157kg以上、最高速340km/hというスペックだ。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • チームスズキエクスター(アラゴンGP)
  • スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)
  • スズキ アドレス110(ソラリスシルバー)
  • スズキ アドレス125(2019年)
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV