BMW 5シリーズツーリング 改良新型の内装を激写…ワイドタッチスクリーン搭載へ

BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 9 枚写真をすべて見る

BMW『5シリーズツーリング』改良新型のプロトタイプ車両を、これまででもっともカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えた。

捉えた車両は、外側にターンシグナルを備えるL字型LEDデイタイムランニングライトが確認できるほか、ワイドになるキドニーグリル、再設計されるバンパーやテールライトの一部が確認できる。


また初めて撮影に成功したコックピットには、よりモダンでワイドな12.3インチデジタルインストルメントクラスタや、最新技術機能を搭載し、大型化されたインフォテイメントシステム用のタッチスクリーンディスプレイが見てとれる。ステアリングホイールは新デザインとなり、新しいコントロールボタンのセットを搭載していることもわかる。

パワートレインの注目は『7シリーズ』に新たに設定されたPHEV、『745e』のシステム流用だ。745eは往来の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン+電気モーターではなく、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを軸にした新たなPHEVシステムとなる。システム合計出力は389psを発揮するが、新たに加わる「545e xDrive」ではデチューンされ、最高出力375psが予想される。

ワールドプレミアは、2020年後半が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/14/327575.html/article/2019/10/14/327574.html/article/2019/10/14/327576.html