メルセデスEQブランド、次の一手は『EQB』か…最新プロトタイプをスクープ、その価格は

メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真全 11 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツのコンパクトオフローダー『GLB』をベースとする新型EV、『EQB』最新プロトタイプをカメラが捉えた。

目撃した最新のプロトタイプでは、市販型ヘッドライトユニット、グリルレスのフロントマスクが見てとれる。またリアエンドでは、ナンバープレートがバンパーへ移動されているほか、テールライトの一部も確認できる状態で、『EQC』のような左右を結ぶLEDストリップが装着される可能性もある。

EQBは、2017年フランクフルトモーターショーで発表された『コンセプトEQA』と「EVA II」プラットフォームを共有し、150kW(204ps)、200kW(272ps)、250kW(340ps)の3つのパワーを選ぶことができる(発売時期は異なる)。また60kWhから110kWhのバッテリーを搭載し、1回の充電による航続距離は、最大310マイル(500km)と予想される。

尚、メルセデスはすでに「EQB200」、「EQB250」、「EQB260」、「EQB300」、「EQB320」、「EQB350」、「EQB360」など7つの車名を登録しており、市販ラインアップに反映されるのか注目される。

気になる価格は、GLBの3万5000ユーロから(約413万円)に対し、EQBは5万ユーロ(約590万円)以上と予想される。ワールドプレミアは2020年前半が期待できそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/16/327636.html/article/2019/10/16/327635.html/article/2019/10/16/327637.html