アルプスアルパイン、MaaSに貢献する次世代コクピットなど出展予定…東京モーターショー2019

シームレス スマートモビリティ ソリューション コクピット(イメージ)
シームレス スマートモビリティ ソリューション コクピット(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

アルプスアルパインは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、MaaSに貢献する次世代コクピットなどを出展する。

アルプスアルパインブースでは、昨今大きな技術トレンドとなっているCASE領域への各種取り組みや、音響技術によって次世代車の車室内に利便性・快適性をもたらすレイアウトフリースピーカーなどを紹介する。

メイン展示となる「シームレス スマートモビリティ ソリューション」コクピットは、5Gによって自動車があらゆるモノとつながる時代を見据えたアルプスアルパインの新提案。乗車前から乗車後まで、自動車を取り巻くさまざまなサービスをシームレスにつなぐとともに、車室内では操作性の向上、高級感の醸成などによる居心地の良さを追求し、快適な移動を提供する。

この次世代コクピットは、スマートフォンをキーとしてカーシェアの予約や乗車を進化させる「スマートアクセス」、乗り手の好みのドライブプランを把握して自動提案する「レコメンドエンジン」、自動運転中の車内をくつろぎの空間にする「ドライバーモニタリング」、車室内をより上質で快適に演出する「プレミアムHMI」、ドライブの後までスムーズにする「降車サポート」など、さまざまな機能とサービスコンセプトを融合。MaaSに貢献する次世代ソリューションを提案する。

さらに会場には、最新のプレミアムサウンドを体感できる専用ブースを設置。先進のスマートアンプやレイアウトフリースピーカーとともに紹介する。レイアウトフリースピーカーは、独自の磁気回路で小型・軽量化を実現しつつ、独創的な構造の採用により、従来のスピーカーと同等の性能を発揮。取り付け条件の制約が少なく、各座席への搭載が可能となることで、一人ひとりがそれぞれの音を楽しむパーソナルゾーンサウンドを実現し、車室内に快適・感動をもたらす新たなユーザーエクスペリエンスを提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 評価キット(ノートパソコンは含まず)
  • ビッグX 11(EX11NX-NVE)ヴォクシー/ノア/エスクァイア専用モデル
  • デジタルキャビン
  • アルプスアルパインと東海理化
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV