MotoGP 日本GP、公道パレード中止を決定 台風19号被災地域に配慮

グランプリロードR123パレード 市街地走行シーン
グランプリロードR123パレード 市街地走行シーン全 1 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎは、「2019 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」(10月18-20日)の開催に合わせ、10月19日に実施する予定だった「グランプリロードR123パレード」を中止すると発表した。

グランプリロードR123パレードは、約1000台のオートバイが、道の駅もてぎ~茂木町~ツインリンクもてぎの約7km区間をパトカー、白バイの先導で、各メーカーからの来賓者やレジェンドライダー、ゲストとともに走り、最後はもてぎレーシングコースを走行して締めくくる恒例イベント。

8回目となる今年もすでに多くの参加希望者が集まっていたが、台風19号の被災地域への影響を鑑み、公道を占有するパレードの開催中止を決定した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS

ピックアップ

Response.TV