三井物産、独オンデマンドモビリティサービス「クレバーシャトル」に出資

車両はEVやFCEVが使われる
車両はEVやFCEVが使われる全 6 枚写真をすべて見る

三井物産は17日、ドイツでオンデマンド相乗りタクシー事業「CleverShuttle」(クレバーシャトル)を展開するGHT Mobility GmbH(筆頭株主はドイツ鉄道)の株式11.64%を取得したと発表した。

クレバーシャトルは、スマートフォンのアプリを利用したいわゆる相乗りタクシーの配車サービス。現在ベルリンやフランクフルトなどドイツ国内の5都市でサービスを展開しており、毎月約21万人の利用者がある。またタクシー車両にEVやFCEVを利用していることが特徴で、環境保全・CO2削減の意識が強いドイツの消費者の支持を得ている。

三井物産は、中期経営計画においてモビリティを成長分野のひとつとしており、新たなビジネスモデルや新事業の創出を目指している。今回の出資については、同社がこれまでに培った自動車、鉄道分野の知見を活用し、シームレスな移動の促進およびクレバーシャトルの事業価値向上を支援するとしている。

《佐藤耕一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KINTO(ロゴ)
  • コンテナ型定置型蓄電池のイメージ
  • EV用普通充電器 Ella
  • 専用充電ステーション
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ