アストンマーティン初のSUV『DBX』、純正アクセサリーを先行発表

アストンマーティン DBX のプロトタイプ
アストンマーティン DBX のプロトタイプ全 8 枚写真をすべて見る

アストンマーティンは10月17日、ブランド初のSUVとして12月に初公開予定の『DBX』(Aston Martin DBX)に、11種類のオプションアクセサリーパックを設定すると発表した。

11種類のうち、「ツーリングパック」は週末の長距離ドライブに特化した内容だ。4ピースのラゲージセット、キャビンサドルバッグ、助手席下のロック付き収納スペース、救急キットで構成される。さらに、6ピースのラゲージセットもオプション設定された。このセットは、2個の大型スーツケース、2個の小型スーツケース、2個のボストンバッグの組み合わせで、アストンマーティンらしいステッチとトリミングが施される。

「ペットパック」には、カーゴエリアをペット専用のスペースとするパーティションが同梱されている。ペットが容量632リットルのカーゴエリアに乗り降りする際に、爪による傷の発生を防止するバンパープロテクターが含まれている。

屋外でのアクティビティに向けて、「イベントパック」が設定された。このパックは、モジュラー・ピクニック・バスケット、ピクニック・ブランケット、イベント・シーティングで構成され、ピクニックのニーズに応える。イベントパックには、悪天候時に備えてアンブレラ・ストレージが含まれている。

他のオプションパックには、イルミネーテッド・トレッドプレート、光沢カーボンファイバー・テールパイプ・フィニッシャー、アストンマーティンのウィング入りバルブキャップ、自転車やサーフボードを運搬するルーフキャリアが用意されている。

3種類の特別な「Maxi-Cosi(マキシコシ)」チャイルドシートとベビーシートも設定する。張地にレザーを使用したチャイルドシートは、固定式の3ウェイISOFIXベースへの取り付けが推奨されている。身長45~75cmの新生児、身長67~105cmの幼児、体重15~36kgの子どもに対応する。

なお、オプションアクセサリーパックの価格は、2019年12月のDBXの発表と同時に公表される、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/18/327734.html/article/2019/10/18/327733.html/article/2019/10/18/327735.html