【トヨタ カローラ 新型試乗】開発陣は内心“したり顔”に違いない…岡本幸一郎

トヨタ カローラ 新型(ハイブリッド)
トヨタ カローラ 新型(ハイブリッド)全 16 枚写真をすべて見る

1年あまり前に出た『カローラスポーツ』の出来もよかったので、今回のセダンとツーリングも悪いはずはないとは思ってはいたものの、その完成度は予想を超えていた。

試乗前のプレゼンからして、とても『カローラ』の説明とは思えないような言葉が次々に飛び出し、走りへのこだわりが相当なものであることがうかがえたのだが、実際にドライブしても、まさしくそのとおり。乗りやすく、快適で、操る楽しさもあり、いずれも印象的な仕上がりであった。

トヨタ カローラツーリング 新型(ハイブリッド)トヨタ カローラツーリング 新型(ハイブリッド)写真をすべて見る
寸法や装備などの従来型との比較も、カローラを乗り継ぐユーザーにとってはもちろん大事だろうが、内容的には比較する意味がないように思えたほどの隔世の感がある。

その土台となっているのがTNGAであることはいうまでもないが、パワートレインについても、ハイブリッドは心なしかよりリニアで力強いな加速フィールになったように感じられ、かたやカローラスポーツにはなく、こちらにはあえて設定された1.8リットル自然吸気エンジンも扱いやすくてよい。

トヨタ カローラ 新型(ハイブリッド)トヨタ カローラ 新型(ハイブリッド)写真をすべて見る
さらに印象的だったのが、セダンとツーリングで乗り味の差が非常に小さいことだ。聞いたところでは、ねじれ剛性が同じになるように設計したとのことで、納得である。

このところ新しいトヨタ車には驚かされることが多いが、とくにカローラには恐れ入った。評判も上々なようで、いまごろ開発陣はきっと内心したり顔をしていることに違いない。

トヨタ カローラ 新型のツーリング(左)とセダン(右)トヨタ カローラ 新型のツーリング(左)とセダン(右)写真をすべて見る

■5つ星評価(ハイブリッド)
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

岡本幸一郎|モータージャーナリスト
1968年、富山県生まれ。学習院大学を卒業後、自動車情報映像の制作や自動車専門誌の編集に携わったのち、フリーランスのモータージャーナリストとして活動。幅広く市販車の最新事情を網羅するとともに、これまでプライベートでもスポーツカーと高級セダンを中心に25台の愛車を乗り継いできた経験を活かし、ユーザー目線に立った視点をモットーに多方面に鋭意執筆中。日本自動車ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

《岡本幸一郎》

【画像】【トヨタ カローラ 新型試乗】開発陣は内心“したり顔”に違いない…岡本幸一郎(16枚)
トヨタ カローラの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  4. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  5. 【スズキ 新型「Hayabusa」徹底試乗インプレッション】真の“究極”を求め大人のスポーツバイクへと華麗に進化PR
  6. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  7. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  8. ジープ初のグレイカラールーフ、限定発売へ…コンパス「Sモデル」
  9. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  10. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
ランキングをもっと見る