トヨタ『LQ』、JOLEDとデンソー共同開発の有機ELディスプレイを搭載…東京モーターショー2019出品予定

トヨタ LQ
トヨタ LQ全 5 枚写真をすべて見る

JOLEDとデンソーが共同開発した車載用フレキシブル有機ELディスプレイを組み込んだメーターが、トヨタのコンセプトカー『LQ』に搭載される。

LQは、AIやレベル4の自動運転機能を搭載する4人乗りEVコンセプトカー。オリンピック聖火リレーの隊列車両やマラソン競技などの先導車として数台が導入されるほか、大会期間中、お台場・豊洲周辺で体験試乗会が実施される予定だ。

フレキシブル有機ELは、薄型・軽量、形状自由度の高さと、高コントラスト、広い視野角、高速応答などが特徴。これまでにないメーターデザインを可能にし、コンセプトカーが提案する革新的で意匠性の高い室内空間の実現に貢献している。

また、それに先駆けて、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」のMEGA WEB会場で開催される「FUTURE EXPO」にて、展示される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV