OKI、第2の車載電子機器・装置 信頼性試験サービス拠点を群馬に設立 需要急増に対応

群馬カーエレクトロニクス テストラボ
群馬カーエレクトロニクス テストラボ全 2 枚写真をすべて見る

OKIエンジニアリング(OEG)は、埼玉県本庄市の「カーエレクトロニクス テストラボ」(本庄ラボ)に続く第2の車載電子機器・装置の信頼性試験サービス拠点として、群馬県伊勢崎市に「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」を開設し、11月1日より稼働を開始する。

自動車業界は、EV化や自動運転、コネクテッドカー、シェアリングなど、100年に一度の変革期を迎えている。これにより車載電子機器・装置でも高度化・高密度化・IoT化への急速な対応が進み、製品の対象試験や規格も多様化。高額な最先端の専用試験装置と、高度なスキルを持つ専門家による試験対応の需要が急増している。

OEGは、2017年にカーエレクトロニクス テストラボを本庄ラボ内に設立し、車載機器に特化した信頼性試験サービスとして「ワンストップ車載コネクター信頼性評価」や「スプラッシュウォーター衝撃試験」、「硫黄(S8)ガス腐食試験」などを提供してきた。しかし、EV化によりECU(エンジンコントロールユニット)など電子機器の長期信頼性評価の需要が増加し、既存の試験設備では対応しきれない状態が続いていた。そこで今回、群馬カーエレクトロニクス テストラボを新設。EV化により需要が急伸している車載電子機器・装置の長期信頼性試験の受託サービス体制を強化し、対応能力を大幅に増強する。

群馬カーエレクトロニクス テストラボは、ITの活用により本社ラボ(東京都練馬区氷川台)や本庄ラボなど、遠隔からの試験対象品の状態監視、試験設備の稼働状況や測定データの取得・分析を実現し、少人数で24時間365日運用する「スマートテストラボ」として稼働する。まず、エンジンの寿命を想定した約3000時間(約4か月強)の長期信頼性加速試験(温湿度試験/熱衝撃試験)の稼働を開始。今後3年間で設備導入を進めて、減圧試験、耐候性試験、ガス腐食試験、塩水噴霧試験等の長期信頼性試験をサービスメニューに追加していく予定だ。また、半導体デバイスの評価・解析を行う本社ラボと連携し、依頼製品の高品質化を支援する。

ラボ開所式の様子ラボ開所式の様子

OEGは新ラボの稼働により、試験対応能力を上げ、自動車分野の売上高の前年比15%増を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  5. 『タコジラ』って何だ? トヨタがキャンパー提案へ…SEMA 2021
  6. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  7. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  8. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「小さくても高級」は日本で受け入れられるか?…諸星陽一
  9. ホンダ フィット クロスター、フロントロアガーニッシュが脱落するおそれ 自主改善へ
  10. 進む阪神・大阪梅田駅の改良工事…新1番線ホームが完成、ホーム拡幅への第1歩 10月30日
ランキングをもっと見る