トヨタ タウンエース/ライトエース、1万6000台をリコール コンロッド破損で走行不能となるおそれ

トヨタ・タウンエース・バンGL
トヨタ・タウンエース・バンGL全 2 枚写真をすべて見る

ダイハツ工業は、インドネシアで生産するトヨタ『タウンエース』と『ライトエース』のエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年4月4日~2019年4月23日に製造された1万6471台。

エンジンのコネクティングロッド内部に傷が発生しているものがあることが判明。最悪の場合、高負荷環境下でコネクティングロッドが破損して、走行不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、コネクティングロッドを良品に交換する。

不具合は2件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ グランマックス カーゴ GL(ホワイト)
  • トヨタ・タウンエース・バンGL 4WD 4速AT
  • RVブームの草分け的存在だったトヨタ タウンエース(資料画像)
  • Terzo EA900TL(装着イメージ)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ