相鉄・JR直通線の新駅で見学会…11月30日に開業する羽沢横浜国大駅 11月16日

相鉄・JR直通線で、相鉄線とJR線の境界駅となる羽沢横浜国大駅。
相鉄・JR直通線で、相鉄線とJR線の境界駅となる羽沢横浜国大駅。全 2 枚写真をすべて見る

相模鉄道(相鉄)は11月16日、相鉄・JR直通線羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)の先行見学会を開催する。

同駅は11月30日に開業する相鉄・JR直通線の西谷(にしや)駅(横浜市保土ヶ谷区)起点2.1kmに位置する相対式ホーム2面2線の地下駅で、改札口1か所のほか、エレベーター2基、エスカレーター4基、ホームドアを設置。駅番号は「SO51」。

JR貨物のコンテナホームがある横浜羽沢駅の西側に隣接しており、相鉄とJR東日本の共同使用駅となる。

先行見学会は10時からの第1部、11時からの第2部、12時からの第3部に分けて行なわれ、見学時間はそれぞれ1時間30分。ホーム階やコンコース階を見学できる。

各回100人を募集し、申込みは11月4日まで相鉄ウェブサイトの「羽沢横浜国大駅先行見学会」特設ページで受け付けている。応募者多数の場合は抽選となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV