西武の001系特急電車『Laview』がグッドデザイン金賞に…小田急70000形に続く鉄道車両の受賞

グッドデザイン金賞を受賞した西武001系『Laview』。2018年度の小田急70000形に続いて関東大手私鉄の新型特急車両が選ばれた。
グッドデザイン金賞を受賞した西武001系『Laview』。2018年度の小田急70000形に続いて関東大手私鉄の新型特急車両が選ばれた。全 7 枚写真をすべて見る

西武鉄道(西武)と日立製作所(日立)は11月1日、日立が西武へ納入した新型特急型車両001系『Laview』が10月31日、2019年度のグッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞したと発表した。

同車は10月2日に1420件のグッドデザイン賞受賞作の中からとくに優れた100件を選ぶ「グッドデザイン・ベスト100」のひとつに選定された。大賞や金賞などのグッドデザイン特別賞はこの中から選ばれることになっている。

発表によると、審査員からは曲線半径1500mmという国内初の球面形状前面ガラスを使った独特の先頭形状や塗色、縦1350×横1580mmという大型の窓、暖色系イエローの座席などが「乗車前から乗客の心を昂ぶらせる仕掛けが満載」であるとして評価。「『100年の風景をつくる』という高い志のもと、デザインの力で革新的創造にチャレンジした姿勢とその実現力は賞賛に値する」とされた。

鉄道車両の同賞受賞は2018年度に受賞した小田急電鉄(小田急)70000形「GSE」に続くもの。金賞は19件が選ばれており、鉄道関係の受賞は001系のみだが、交通関係では東京都の良品計画による自動運転バス『GACHA』も選ばれている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
  • かつて上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』の食堂車。NREが運営していた。2010年9月撮影。
  • 東海道新幹線の700系。
  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/01/328302.html/article/2019/11/01/328301.html/article/2019/11/01/328303.html