「高齢者ドライバー事故ゼロ」に向けて鯖江市と三井住友海上火災保険が協力

(イメージ)
(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

三井住友海上火災保険とMS&ADインターリスク総研は、鯖江市と「高齢者ドライバー事故ゼロ」の実現に向けて協力することで合意したと発表した(10月30日)。

高齢者ドライバー事故ゼロに向けた取り組みでは、鯖江市が運営する高年大学の受講生を対象にスクリーニングやドライブレコーダーを活用した安全運転プログラムを提供する。高齢者ドライバーに運転技能や認知レベルの衰えを客観的に把握する機会を提供するとともに、運転状況に応じて適切に注意喚起する。

今回の取り組みでは、鯖江市が運転に不安のある高齢者ドライバーが免許を返納した場合でも、地域公共交通事業者と協力し、さまざまなモビリティの検討を進めることで、高齢者の移動を支援していくことを目的に実施する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2019年1月に「ドラレコ型」を初めて契約した場合の保険料例
  • Uber Eats
  • AI査定の業務フローイメージ
  • 個人間カーシェアと保険のイメージ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV