BMW、先進運転支援システムなどの後付けを可能に…最新デジタルサービス導入

BMWのハイビームアシスタントのイメージ
BMWのハイビームアシスタントのイメージ全 3 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は11月7日、「BMW コネクテッド・ドライブ・ストア」に最新のデジタルサービスを導入し、先進運転支援システム(ADAS)などの後付けを可能にした、と発表した。

ドイツ本国では2019年8月から、ハイビームアシスタント、アクティブクルーズコントロール(ACC)、ストップ&ゴー機能付きの車間距離アシスタント、スタート/ストップ、BMWドライブレコーダーを、後付けで車両に装着することが可能になった。

例えば、BMWドライブレコーダーは、車載カメラを使用して、車両の周囲のビデオ映像を記録する。これらの機能に必要なハードウェアは、新車状態の車両にあらかじめ組み込まれているという。

これらの後付けは、2019年5月に導入されたリモートソフトウェアアップグレードによって、可能になったものだ。新しいデジタルサービスや機能は、無線通信によって車両にダウンロードされ、インストールすることができる。

BMWグループによると、最新のデジタルサービスによって、車両を常に最新の状態に保つことができるという。これは中古車にとって、とくに魅力的なオプションになり、中古車の購入者は以前の所有者のデジタル機能に縛られることなく、自分のニーズや要件に合ったものを選択できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMWグループの電動車両
  • BMW 3シリーズ・セダン 新型
  • BMWの「コネクテッドカー・ベータデイ」
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)

ピックアップ