JR東日本のBRTで2回目の自動運転実験…前回よりも実運用に近い形に 11月25日から

自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。全 6 枚写真をすべて見る

JR東日本など10者は11月8日、JR東日本が運営しているバス高速輸送システム(BRT)の自動運転化へ向けた技術実証実験を行なうと発表した。

2018年12月から2019年3月にかけて行なわれた大船渡線BRTでの実験に続くもので、今回は宮城県登米市内の気仙沼線BRT柳津~陸前横山間4.8kmで11月25日から2020年2月14日まで実施される。

実際の営業用車と同じ「日野ブルーリボンシティ」を使用して行なわれ、JR東日本のほか、先進モビリティ、愛知製鋼、SBドライブ、京セラ、京セラコミュニケーションシステム、ジェイテクト、ソフトバンク、日本信号、日本電気の各社が参画。それぞれの役割分担により、車線維持制御や速度制御、トンネル内走行、障害物検知、交互通行、車内モニタリングなど、前回より実運用に近い形で実験。実験中は緊急時を考慮してドライバーが同乗する。

なお、この実験に伴ない、営業運行しているバスは11月25日から2020年2月24日まで柳津~陸前戸倉間が一般道経由に変更される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/10/328579.html/article/2019/11/10/328578.html/article/2019/11/10/328580.html