ボッシュ、オフロード車向けセミアクティブダンパー発表…EICMA 2019

ボッシュのオフロードスポーツ車両向けセミアクティブ ダンピング コントロール システム
ボッシュのオフロードスポーツ車両向けセミアクティブ ダンピング コントロール システム全 2 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は、ミラノモーターサイクルショー2019(EICMA 2019)において、オフロードスポーツ車両向けセミアクティブ ダンピング コントロール システムを発表した。

ボッシュのオフロードスポーツ車両向けセミアクティブ ダンピング コントロール システムは、ドライビングの安全性、走行快適性、ダイナミクスを向上させる目的で開発された。

このセミアクティブ ダンピング コントロール システムを搭載した車両には、路面状況を常時モニターするための複数のセンサーが組み込まれている。そして、ほぼ瞬時に、減衰力の調整が行われる。

これらのセンサーの働きにより、とくにオフロード走行時の安定性が向上する。ドライバーは、ボタンを押すだけでサスペンションの設定を好みに合わせて選択、調整することができる。

ボッシュは、セミアクティブ ダンピング コントロール システムは、ダンパーアクチュエーターを調整して振動を低減することで、車両の安定性だけでなく走行快適性も向上させる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HondaGO BIKE RENTAL
  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ

ピックアップ

Response.TV