トーヨータイヤ、バハ1000参戦の7選手をサポート 世界有数のオフロードレース

昨年のSCORE BAJA1000参戦の様子
昨年のSCORE BAJA1000参戦の様子全 1 枚写真をすべて見る

トーヨータイヤは、米国およびメキシコ販売子会社とともに、11月19日から24日の6日間、メキシコ・バハカリフォルニア州で開催される第52回「バハ1000」に参戦する7選手をサポート。ピックアップ/SUV用オフロードタイヤ「オープンカントリー」シリーズを供給する。

バハ1000は、毎年11月に開催される世界有数の過酷なオフロードレースのひとつ。メキシコのバハ・カリフォルニア半島の都市、エンセナーダを出発した参加車両は、全行程800マイル(約1290km)を昼夜を問わず走り抜け、半島を一回りして戻る。岩場の多い山岳地帯や起伏に富んだ砂漠地帯を制限時間内に走破するためには、ドライバーの高度なテクニックのみならず、悪路走破性と耐久性に優れた、信頼性の高いオフロードタイヤが不可欠だ。

トーヨータイヤは、北米市場で高く評価されている本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「オープンカントリー」をレース用にチューンアップした、「オープンカントリー M/T-R」「オープンカントリー R/T-R」を供給。オフロードレースで蓄積した技術的経験をフィードバックし、開発を重ねた「オープンカントリー」シリーズは、トラクション性能やブレーキ性能、悪路走破性を向上したトレッドと、耐外傷性の高いタフネス構造を備えている。

今回のバハ1000では、第1戦「SCORE San Felipe 250」、第2戦「SCORE BAJA 500」で連勝し、現在総合2位のアンディ・マクミラン選手をはじめ、ブライス・メンジス選手、ロビー・ゴードン選手、BJ・バルドウィン選手、タボ・ヴィルドソラ選手、ルイス・ハビエル・ペラーヨ選手、サンティエゴ・クレール選手など、サポート契約を結んでいる選手の参戦車両に「オープンカントリー M/T-R」「オープンカントリー R/T-R」を供給し、SCORE BAJAシリーズ最終戦となる今大会で、総合優勝をめざす。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オープンカントリーR/T(左)とオープンカントリーA/Tプラス
  • トーヨータイヤPROXES R56M
  • 表彰されたゴーチャ選手と藤野秀之選手(左)、ゴーチャ選手の走行の様子
  • トーヨータイヤ NANOENERGY M176
  • レクサス LX 次期型 予想CG
  • 日産 キャシュカイ 現行モデル
  • ポルシェ カレラGT ザガート
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/12/328669.html/article/2019/11/12/328668.html/article/2019/11/12/328670.html