東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅は2020年6月6日に開業---銀座線虎ノ門駅と接続、56年ぶり新駅

北千住方面行きホームのイメージ。ホームドアが整備される。
北千住方面行きホームのイメージ。ホームドアが整備される。全 7 枚写真をすべて見る

独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と東京地下鉄(東京メトロ)は11月11日、日比谷線霞ケ関~神谷町間に設置する新駅「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)の開業日を2020年6月6日に決定したと発表した。

日比谷線が全通した1964年以来、およそ56年ぶりの新駅となるこの駅は、UR都市機構が事業主体となり、東京メトロが設計・工事受託者となり施工。国道1号と環状第2号線の交差点付近に位置しており、構内は相対式ホームによる2面2線となる。

中目黒方面行きのホームは地下歩行者通路とつながり、再開発事業で整備される「虎ノ門ヒルズステーションタワー」(仮称)やバスターミナルと接続。銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能となる。

今回は、東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせた暫定的な開業となり、最終的な完成は2022年度を予定している。その際は、再開発で整備される隣接の駅広場間を、地下2階を通して行き来できるようになり、地上と地下をスムーズに往来できる「まちと一体となった新たな駅」となる。

なお、虎ノ門ヒルズ駅は、駅ナンバリングが「H06」となるため、開業の際は霞ケ関~北千住間のナンバリングがH07~H22に変更される。また、開業日にはダイヤ改正が実施される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/12/328672.html/article/2019/11/12/328671.html/article/2019/11/12/328673.html