磐越東線、しなの鉄道線、八戸線が12月までに相次いで全線再開へ 台風19号

11月15日に全線が再開する運びとなったしなの鉄道線。同線の観光列車『ろくもん』は11月22日から再開する予定。
11月15日に全線が再開する運びとなったしなの鉄道線。同線の観光列車『ろくもん』は11月22日から再開する予定。全 2 枚写真をすべて見る

台風19号による被害で一部区間の運行を見合わせていたJR東日本の磐越東線(郡山~いわき)と八戸線(八戸~久慈)、しなの鉄道しなの鉄道線(軽井沢~篠ノ井)が、11月中旬から12月上旬にかけて相次いで全線再開できる見通しとなった。

磐越東線は11月6日に郡山~小野新町(おのにいまち)間が再開していたが、残る小野新町~いわき間は11月16日に再開する予定で、同区間では現在、臨時バスが運行されている。

一方、階上(はしかみ)~久慈間で運行を見合わせている八戸線は12月上旬に再開できる見通しとなった。

田中~上田間で運行を見合わせているしなの鉄道線では、国による応急工事が11月14日に完了することを受けて、11月15日より再開する予定となった。なお、しなの鉄道線で運行されている観光列車については、11月22日に『ろくもん1・2号』を再開する予定としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
  • かつて上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』の食堂車。NREが運営していた。2010年9月撮影。
  • 東海道新幹線の700系。
  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/13/328710.html/article/2019/11/13/328709.html/article/2019/11/13/328711.html