コマツ、世界最大級の鉄鉱山へ超大型無人ダンプトラックを導入---ブラジル・カラジャスに37台

Vale社カラジャス鉄鉱山への導入1号機となる超大型無人ダンプトラック930E
Vale社カラジャス鉄鉱山への導入1号機となる超大型無人ダンプトラック930E全 2 枚写真をすべて見る

コマツは11月14日、鉄鉱石生産の世界最大手であるVale社が保有する世界最大級のカラジャス鉄鉱山(ブラジル北部)向けに、電気駆動式超大型ダンプトラック『930E』37台と無人ダンプトラック運行システム(AHS)を導入すると発表した。

コマツは2019年11月より順次AHSの稼働を開始し、2024年までに930E合計37台の稼働させる計画だ。また、カラジャス鉄鉱山に初導入するAHSの安定的な稼働をサポートするため、今年8月には、同鉱山近郊にコマツとして初の「AHSトレーニングセンタ」を新設。AHSに関する運用および保守のトレーニングを幅広く提供し、ブラジル北部におけるサポート人材の開発に貢献する。

今回の導入により、コマツのAHSダンプトラックは、南米ではチリに続き2か国目、世界4か国10鉱山目の稼働となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コマツ PC18MR-5
  • コマツ バッテリー駆動式ミニショベル
  • コマツのプレミアム認定中古車をKENKEYで販売開始
  • コマツ ホイールローダー WA900-8R
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911タルガ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/14/328734.html/article/2019/11/14/328733.html/article/2019/11/14/328735.html