東京-金沢直通は被災前の水準に…『あさま』は段階的に本数増 北陸新幹線11月30日以降の暫定ダイヤ

暫定ダイヤが実施されている北陸新幹線では、大幅に減便されている『あさま』が11月30日から上り3本・下り4本増発。さらに12月27日以降は上下各1本増発される。
暫定ダイヤが実施されている北陸新幹線では、大幅に減便されている『あさま』が11月30日から上り3本・下り4本増発。さらに12月27日以降は上下各1本増発される。全 1 枚写真をすべて見る

JR東日本とJR西日本は11月15日、台風19号による車両被災の影響で暫定ダイヤで運行されている北陸新幹線定期列車の運行本数を、11月30日以降に増やすことを明らかにした。

10月25日から実施されている暫定ダイヤでは、東京~金沢間の直通列車が『かがやき』上下各9本、『はくたか』上下各14本運行されているが、11月30日以降は減便されている『かがやき』を上下各10本として、被災前と同じ100%の本数を確保する。

また、上りが1本減の17本となっている金沢~富山間の区間列車『つるぎ』は、上下各18本とし100%の本数となる。

一方、運行本数が上り12本・下り11本と大幅に減らされている東京~長野間の『あさま』については段階的に増やされ、11月30日以降は上下各15本に。さらに12月27日以降は上下各16本となる。

なお、11月30日~12月26日は『あさま』減便の救済として、上越新幹線の一部『とき』で本庄早稲田駅(埼玉県本庄市)の臨時停車を、北陸新幹線の一部『あさま』で安中榛名駅(群馬県安中市)の臨時停車をそれぞれ実施。上越新幹線では11月30日以降も臨時『たにがわ』が運行される。

このほか、12月1・8・15・20・22日には東京~金沢間に各日上下各1本の臨時『かがやき』を運行。

さらに年末年始期間となる12月27日~2020年1月5日には、東京~金沢間で合計102本の臨時『かがやき』『はくたか』が運行され、2020年1月2~5日には、期間中最大となる1日あたり上下各6本の臨時列車が設定される。

『あさま』も東京・上野~軽井沢・長野間に臨時列車が設定されるものの、定期列車を含む年末年始の『かがやき』『あさま』の輸送力は、対前年比で12月28~30日の下りが8割程度、2020年1月3~5日の上りが9割前後となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 全列車がN700Aタイプに統一される東海道新幹線。東京~新大阪間では『のぞみ』の平均所要時間が2時間29分となり、その時間短縮効果が山陽新幹線内へも波及する。
  • 長崎地区へ投入されるYC1系ハイブリッド車。蓄電池を併用する電気式の気動車。
  • 2020年3月のダイヤ改正で長万部~小樽間の普通列車へ投入されるJR北海道初の電気式気動車H100形。写真は函館本線然別駅に停車中の量産車による試運転列車。
  • 現在の長崎駅。2020年春には在来線が高架化され、その2年後には新幹線も開業することで、周辺整備が推進されることになった。
  • 金沢駅に停車中の北陸新幹線。
  • HC85系の車体イメージ。
  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/15/328794.html/article/2019/11/15/328793.html/article/2019/11/15/328795.html