札幌駅の北側にホームを増設へ…11番線を活用、北海道新幹線延伸対応

札幌駅北側の拡張により、駅前広場が狭まる札幌駅北口。2005年頃。
札幌駅北側の拡張により、駅前広場が狭まる札幌駅北口。2005年頃。全 2 枚写真をすべて見る

札幌市は11月14日に開催した第106回札幌市都市計画審議会で、北海道新幹線札幌延伸に伴なう札幌駅構内拡張計画の概要を明らかにした。

現在、札幌駅構内は5面11線となっているが、2030年度末に新函館北斗~札幌間の開業が予定されている北海道新幹線では、札幌駅への乗入れに際して、南側に0番線が増設され、現在の1番線と合わせて新幹線の発着番線とすることになっている。

しかし、この場合、在来線が1線不足するため、現在、列車の待避などに使用されている北側の副本線(11番線)にホームを新設することになった。

この場合、札幌駅は700平方m程度拡張され、構内が北側へ6mほど伸びる形となる。そのため、現在、札幌駅北口で東西を結んでいる自由連絡通路は、改札内コンコースに含まれるため使用できなくなる模様だ。

札幌駅の新幹線ホーム設置問題で、東側にホームを設置する「大東案」に決着するまでは、現在の1・2番線ホームを新幹線用とすることを前提に、11番線に在来線ホームを増設する案や、北側に在来線用11・12番ホームを設置する案も浮上していたが、11番線設置案はスペースの狭さや安全性、利便性などに難ありとされていた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在のJR大阪駅
  • 新駅の鳥瞰図。駅舎は橋上式で、BPまでは連絡通路で結ばれる模様。
  • かつて上野~札幌間で運行されていた寝台特急『北斗星』の食堂車。NREが運営していた。2010年9月撮影。
  • 東海道新幹線の700系。
  • 11月28日に再開した津軽石~宮古間のうち、津軽石~八木沢・宮古短大間にある駒込踏切付近の復旧状況(11月27日時点)。
  • JR東日本の協力によりJRカラーが復活した700形第4編成。細部の違いはあるものの、ロゴマークの「JDK」を除けば、JR時代とそっくりな車体となった。
  • 札幌圏での業績向上の立役者となっている新千歳空港~札幌・小樽間の快速『エアポート』。2020年春のダイヤ改正では、毎時4本から5本に増強される予定。2019年2月撮影。
  • 男鹿線を走るEV-E801系。2020年春以降、同線内の列車がこの車両に統一される。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/15/328798.html/article/2019/11/15/328797.html/article/2019/11/15/328799.html