車名は「マッハE」、フォード マスタング にインスパイアされた新型EV 11月17日発表へ

フォード・マスタング・マッハEのロゴ
フォード・マスタング・マッハEのロゴ全 4 枚写真をすべて見る

フォードモーター(Ford Motor)は11月14日、フォード『マスタング』にインスパイアされた新型EVとして、11月17日に初公開するEVの車名を、『マスタングマッハE』(Mustang Mach-E)と発表した。

マッハEとは、1970年代の2代目フォード マスタングに用意されていた高性能モデル、「マッハ1」を連想させるものだ。

フォードモーターは2022年までに、電動化に110億ドル以上を投資する計画だ。この投資によって、フォードモーターは電動車両のラインナップを拡大する予定。2022年までに、全世界の電動車ラインナップを40車種に増やし、そのうちの16車種をEVにする計画を掲げている。

この16車種のEVのひとつが、11月17日に初公開される予定のマスタングマッハEとなる。マスタングはフォードを代表する伝統のスポーティカーであり、マスタングマッハEはパフォーマンス志向の電動SUVになる。

なお、フォードモーターは、マスタングマッハEの先行予約を、11月17日から開始する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォード・マスタング・マッハEの各種機能をスマホから遠隔設定できるコネクトシステム
  • フォード・マスタング・マッハE
  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • フォード・マスタング・マッハE
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスAMG SL63 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV