メルセデスベンツ、EクラスSW 8400台をリコール リアスポイラー脱落のおそれ

メルセデスベンツ E200 ステーションワゴン(2017年)
メルセデスベンツ E200 ステーションワゴン(2017年)全 2 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は11月21日、『Eクラス ステーションワゴン』13車種について、リアスポイラーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「E200ステーションワゴン」、「E200 4MATICステーションワゴン」、「E220dステーションワゴン」、「E220d 4MATCステーションワゴン」、「E250ステーションワゴン」、「E400 4MATICステーションワゴン」、「E450 4MATICステーションワゴン」、「メルセデスAMG E43 4MATICステーションワゴン」、「メルセデスAMG E53 4MATIC+ステーションワゴン」、「メルセデスAMG E63 4MATIC+ステーションワゴン」、「メルセデスAMG E63S 4MATIC+ステーションワゴン」の13車種で、2016年12月9日から2019年5月9日に輸入された8405台。

テールゲートのスポイラー組付け作業が不適切なため、適切に固定されていないものがある。そのため、高速走行時にスポイラーがテールゲートから外れ、最悪の場合、スポイラーが脱落し、後続車両の妨げになるおそれがある。

改善措置として、全車両、スポイラーの組付け状態を点検し、正しく装着されていない場合は修正する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツEクラス、スーパースポーツ・ステアリング
  • メルセデスベンツEクラス 改良新型と上野社長
  • メルセデスベンツ E200 スポーツ
  • メルセデスベンツ Eクラス 改良新型欧州仕様
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ