JR西日本が開口部を移動できるホームドアを開発へ…ドア位置や数が異なる車両に対応

フルスクリーンホームドアの試作機。すでに3ユニット分が登場。黒い部分が親扉で、子扉は親扉の裏側に隠され、開口が自在に制御される。
フルスクリーンホームドアの試作機。すでに3ユニット分が登場。黒い部分が親扉で、子扉は親扉の裏側に隠され、開口が自在に制御される。全 4 枚写真をすべて見る

JR西日本は11月20日、開発に着手した世界初となるフルスクリーンホームドアの概要を明らかにした。

これは、旧梅田貨物駅の地下に建設されている東海道本線支線(梅田貨物線、おおさか東線)上の新駅「うめきた(大阪)地下駅」(仮称、いわゆる「北梅田駅」もしくは「うめきた新駅」)での導入を目指したもの。

2023年春に開業する予定の「うめきた(大阪)地下駅」は、2031年に開業する予定の「なにわ筋線」も乗り入れることになり、ドアの位置や数などが異なる車両が発着することを考慮すると、従来の車種を統一してホームドアを導入する手法が困難になる。

JR西日本が導入している昇降式ホーム柵や各メーカーが開発している新型ホームドアでも対応が困難なため、車両に応じて開口部を移動できるフルスクリーンホームドアの開発・検証が進められるようになった。

ひとつの親扉と両側に配置された2つの子扉が1組となったユニットを左右に動かすことで、入線する列車の車種や編成に応じて自在に開口する仕組みになっており、車両1両は5ユニット分に相当。すでに3ユニット分の1次試作機が登場している。

車両・編成の判別には、2Dセンサーによるセンシングと、車両に搭載されたIDタグを利用。ユニットの上部にはマシンケースが設けられ、そこに駆動部や配線を収納することで、扉部をスリム化する。

また、安全対策として、モーター過負荷検知機能や2Dセンサー、3Dセンサーを設置することで、旅客のホームドアとの衝突やホームドアと車両間の取り残しを防ぐとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京メトロ 有楽町線&副都心線用17000系
  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。

ピックアップ