トヨタ カローラ 新型 、2020グリーンカーオブザイヤー…マツダ3 新型を抑える

トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド 新型(米国仕様)
トヨタ・カローラ・セダン・ハイブリッド 新型(米国仕様)全 11 枚写真をすべて見る

米国の『グリーンカージャーナル』誌は11月21日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2019において、「2020グリーンカーオブザイヤー」を新型トヨタ『カローラ』(Toyota Corolla)に授与すると発表した。

同賞は、今年が15回目。『グリーンカージャーナル』誌が主催し、米国の中でも最も環境意識が高いとされるカリフォルニア州のロサンゼルスモーターショーで、毎年発表されてきた。米国在住のジャーナリストが、2018年秋から2019年秋までの1年間に米国で発表された新型車の中から、最もエコな1台を選出する。

2020グリーンカーオブザイヤーのファイナリスト5車種は、以下の通り。

●フォード・エスケープ
●ヒュンダイ・ソナタ
●キア・ソウル
●マツダ3
●トヨタ・カローラ

この5車種の中から、新型トヨタ・カローラが、2020グリーンカーオブザイヤーに選出された。12代目となる新型は、乗り心地とハンドリングを引き上げ、より高価格帯のモデルに匹敵する先進運転支援システム(ADAS)を装備。ハイブリッド車の22.5km/リットルの市街地燃費性能も評価され、2020グリーンカーオブザイヤーに輝いている。

なお、前回の2019グリーンカーオブザイヤーは、新型ホンダ 『インサイト』が選出された。ホンダは『クラリティ』に続いて、2年連続でグリーンカーオブザイヤーを受賞していた。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ