ホンダ CR-V 、2020グリーンSUVオブザイヤー受賞…ハイブリッドの燃費性能を評価

ホンダ CR-V ハイブリッド の2020年モデル
ホンダ CR-V ハイブリッド の2020年モデル全 8 枚写真をすべて見る

米国の『グリーンカージャーナル』誌は11月21日、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2019において、「2020グリーンSUVオブザイヤー」をホンダ『CR-V』(Honda CR-V)に授与すると発表した。

「グリーンSUVオブザイヤー」は、2018年に初めて設けられた賞だ。米国では、SUVなどのライトトラックが、新車販売の半数以上を占めている。そこで、およそ15回の歴史を持つ「グリーンカーオブザイヤー」からSUVを独立させ、グリーンSUVオブザイヤーを新設した。米国在住のジャーナリストが、2018年秋から2019年秋までの1年間に米国で発表された新型SUVの中から、最もエコな1台を選出する。

2020グリーンSUVオブザイヤーのファイナリスト5車種は、以下の通り。

●フォード・エクスプローラー・ハイブリッド
●ホンダCR-V
●スバル・クロストレック(XV)ハイブリッド
●トヨタ・ハイランダー・ハイブリッド
●トヨタRAV4

5車種のうち、ホンダCR-Vが2020グリーンSUVオブザイヤーを受賞した。米国では、2020年モデルで初設定となるハイブリッドが、ガソリン車に比べて50%の燃費向上を実現している点などが評価され、栄冠に輝いている。

なお、前回は、三菱『アウトランダーPHEV』が、レクサス『UX』やボルボ『XC40』を抑えて、2019グリーンSUVオブザイヤーに選出された。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ