日産GT-Rニスモ、298のレゴブロックで再現 日本車とのコラボは史上初

レゴ スピードチャンピオンシリーズ「日産 GT-R ニスモ 76896」
レゴ スピードチャンピオンシリーズ「日産 GT-R ニスモ 76896」全 9 枚写真をすべて見る

レゴジャパンは11月25日、レゴ史上初となる日本車とのコラボレーション商品、レゴ スピードチャンピオンシリーズ『日産GT-Rニスモ76896』を日産グローバル本社ギャラリー(横浜市)にて発表した。

7歳以上を対象としたレゴ スピードチャンピオンシリーズでは、マクラーレン『セナ』や1974年ポルシ『911ターボ3.0』、フェラーリ『F40コンペティツィオーネ』など、世界中の様々なスポーツカーが登場しているが、日本車は他シリーズを含め、レゴ史上初となる。

新商品のデザインを手がけたレゴグループのクリス・スタンプ氏は、実際のGT-Rよりも遥かに小さな、298ピースのパーツから構成されたレゴ スピードチャンピオンシリーズ、日産GT-Rニスモ76896を、本格的で複雑な細かいディテールまでを再現することは大きなチャレンジだったと語っている。

レゴ スピードチャンピオンシリーズ、日産GT-Rニスモ76896は2020年1月リリース予定で、価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV