【ルノー トゥインゴ 改良新型】キャンバストップを追加、210万6000円

ルノー トゥインゴ キャンバストップ
ルノー トゥインゴ キャンバストップ全 2 枚写真をすべて見る

ルノー・ジャポンは、8月にマイナーチェンジを行った『トゥインゴ』のラインアップに、オープンエアが楽しめるキャンバストップモデルを新たに設定し、12月5日から発売する。

トゥインゴは、RR(リアエンジン・リアドライブ)方式採用のコンパクトハッチバック。改良新型トゥインゴは、フロントマスクを刷新。ルノーブランドを象徴するCシェイプのLEDランプとウィンカー、新デザインのフロントバンパーにより、洗練された印象のデザインとなった。

また新たに、スマートフォンのミラーリング機能により7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスでき、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声での操作も可能なマルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」を搭載。安全装備では車線逸脱警報(LDW)、タイヤ空気圧警報を装備した。

今回、その新型トゥインゴにキャンバストップモデルを新たに設定。ワンタッチでルーフの大部分が開閉し、気軽にオープンエアが楽しめる。

ボディカラーはジョンマンゴー、ブルードラジェ、ヴェールピスタッシュ、ブランクリスタル、ルージュフラムMの5色を設定。価格は210万6000円(ルージュフラムMのみ214万7000円)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・トゥインゴ Z.E.
  • ルノー・トゥインゴ ・シエル
  • ルノー トゥインゴ ブリヤント
  • リアカメラを標準装備
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ