カワサキ Ninja 1000、強度不足でメインフレーム破損のおそれ リコール

カワサキ Ninja 1000
カワサキ Ninja 1000全 2 枚写真をすべて見る

川崎重工は11月26日、カワサキ『Ninja 1000』のメインフレームに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2019年6月11日~9月5日に製造された220台。

対象車両は、メインフレーム・ステアリングヘッドパイプの鋳造作業が不適切なため、鋳物内部に強度を低下させる空洞が発生しているものがある。そのため、過酷な走行を繰り返すとメインフレームが破損するおそれがある。

改善措置として、全車両、ステアリングヘッドパイプの鋳造ロット番号を確認し、対象ロットの車両はメインフレームを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。社内からの指摘により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ