首都圏で初、「スマートバス停」実証実験 国際興業など12月より開始

スマートバス停 実証イメージ
スマートバス停 実証イメージ全 1 枚写真をすべて見る

国際興業と西鉄エム・テック、YE DIGITALの3社は、首都圏初となる「スマートバス停」の実証実験を2019年12月2日から2020年11月30日まで、「埼玉大学」バス停で実施すると発表した。

IoT技術を搭載したスマートバス停は、デジタルサイネージに時刻表に加え、特別ダイヤのお知らせなど、時期に応じた情報・広告を配信できるほか、特定の曜日・時間帯の時刻表を大きくわかりやすく表示可能。またユーザーの利便性向上だけでなく、遠隔で操作できることから、時刻表等の貼り替え作業が不要となるため、労働時間の短縮も期待される。

実証実験では、将来の本格導入を念頭に、電源のない場所でも設置できる太陽光発電型のタイプを採用。利用客にとって「わかりやすいバス停」の実現を目指し、夜間の視認性や、利用客に正確な情報提供ができるかなどについて検証を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • METROCK 2017 東京会場の若洲公園と新木場駅を結ぶアクセスバスたち
  • 国際興業(Webサイト)
  • 国際興業 池袋駅西口発の深夜急行バス
  • 国際興業バス(WEBサイト)
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV