只見線の全線復旧は2021年度に…環境配慮型のキハE120形も運行へ

8両が只見線に運用されることになったキハE120形のエクステリアデザイン。「只見川と残雪、冬の厳しさに負けじと萌える新緑の山々」をコンセプトに、冬の只見線をイメージした白、新緑の森をイメージした緑、只見川をイメージした黄緑の3層のラインを施したものとなる。
8両が只見線に運用されることになったキハE120形のエクステリアデザイン。「只見川と残雪、冬の厳しさに負けじと萌える新緑の山々」をコンセプトに、冬の只見線をイメージした白、新緑の森をイメージした緑、只見川をイメージした黄緑の3層のラインを施したものとなる。全 5 枚写真をすべて見る

JR東日本仙台支社は11月28日、只見線会津川口~只見間27.6kmの復旧工事を2021年度中に完了する予定になったことを明らかにした。

只見線は、会津若松駅(福島県会津若松市)と小出(こいで)駅(新潟県魚沼市)を結ぶ135.2kmの路線だが、福島県内の会津川口~只見間は2011年7月の水害で橋梁流出などの被害を受け、長期運休を余儀なくされた。

これを受けて、JR東日本は2017年6月に復旧費用を福島県が3分の2負担する基本合意書・覚書を締結。さらに復旧区間では福島県が施設を保有する第三種鉄道事業者、JR東日本が運行を担う第二種鉄道事業者となる上下分離方式へ移行することが取り決められ、「下」部分は福島県へ無償譲渡されることになっている。

復旧工事は2018年6月に開始され、斜面や盛土の復旧、枕木交換などの軌道工事を実施。橋梁関係では、第5・6・7只見川橋梁の橋脚がすでに完成しており、2019年度内には第5只見川橋梁、2020年度からは第6・7只見川橋梁の桁架設に着手するとしている。

また、復旧を見据えて、窒素酸化物(NOx)や黒煙などの粒子状物質(PM)の排出を抑えた、環境配慮型のキハE120形気動車8両が運用されることも決定している。同車は現在、新潟地区で運用されているが、12月以降、順次デザインを変更した上で、2020年春に只見線での営業運行を開始するとしている。

なお、JR東日本では、福島県が策定した「只見線利活用計画」に基づき、2020年2月29日までの土休日に、会津柳津~会津川口間で第1・3只見川橋梁などの絶景ポイントで徐行を行なうなどの協力を行なっており、12月15日にはトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」の運行も予定されている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ